うつ病に関する知識を身につけて改善しましょう

原因を追求

悩んでいる様子

ストレスが誘発

うつ病になる原因は、詳しくは解明されて無く、分からないことが多くある病気です。その中でわかっていることは、その人が元々持っている体質や仕事などのストレスを感じる環境が関係しているということです。脳の伝達に問題があるので、脳内の分泌される物質による原因も考えられます。うつ病は、なりやすい性質を持っていることもあります。生まれてきた時から持っていることもあります。性格や考え方も原因として考えられます。しかし、うつ病になりやすい考え方をしているということだけで、うつ病になるわけではありません。うつ病になっている人の特徴として、生真面目な性格を挙げることが出来ます。几帳面で仕事熱心、責任感が強い、何をするにも徹底することなどをしている人にうつ病になる傾向が高くなっています。また、社交的に多くの人と話をするけど、気が弱い性格の人もうつ病になりやすい性格をしています。

認知症とうつ病の見極め

うつ病を発病するときは、ストレスによることが多くあります。ストレスは環境の変化で、仕事によるものが多く、男性でも事業の不振や失敗、リストラなどが引き金になっている人もいます。女性でも、妊娠や出産、育児、職場のストレスなどいろいろなストレスによって、うつ病を誘発する原因があります。ストレスだけでなく、身体の変化によって、発病することもあります。脳の中には、神経伝達物質があり、情報を伝達するために働いています。ストレスによって、疲れている状態が続いていると、脳内の伝達が上手く行かなくなります。

高齢者に対する病名の配慮

高齢者にうつ病の疑いがあり心療内科で診察を受けた時に痴呆症の簡単なテストをされることがあります。うつ病の症状だと本人や家族が思っていても実は痴呆症が発病した可能性があるからです。簡単なテストの結果で痴呆症の疑いが無いときにはうつ病疑い診察を行います。うつ病の薬は比較的きついものが多いため高齢者にとってはは体の負担が大きいことから軽めの薬を処方されます。中にはうつ病の治療中に痴呆症を発症する場合もあるため、様子を見ながら薬を変えたりし治療を続けます。うつ病か痴呆症の判断が難しいときにはMRIなどで脳の検査を行うことになります。脳の検査で萎縮が認められたりしたときには痴呆症の治療が優先されることになります。

うつ病患者に対して大量の薬を処方する医療機関もありますが、その場合は注意が必要です。薬の依存が強くなる上、日常生活にも支障が出ることがあります。特に高齢者の場合はやる気がまったくなくなり寝たきりになることもあるのです。処方される薬の量が多いと感じたときには病院を変えることも必要です。うつ病治療を受けてる高齢者に対して認知症予防のために薬を処方する病院もあります。医薬分業で調剤薬局で薬が処方されますが、その際に認知症の薬だと患者に対して説明をする薬剤師がいます。しかし、うつ病で診察を受けている高齢者が認知症と聞くと過剰反応しうつ病を悪化させる可能性もあるので説明の際には細心の注意をはらってほしいものです。